〒154-0021
東京都世田谷区豪徳寺1-45-11セイジョービル2F
電話 03−3428−5988
豪徳寺駅下車すぐの歯医者・歯科医院です。
 トップページ当医院についてミニマルインターベンション出来るだけ削らない症例3「セラミック補綴」
●出来るだけ削らない症例3 「セラミック補綴」

 以前にむし歯の治療をし、金属をかぶせた部分が虫歯になっています。出来るだけ小さく削って、セラミック補綴による治療を行います。虫歯の部位、かみ合わせ等によっては、不可能な場合もありますので、診断時にご説明いたします。

M I 治療例 その2 天然歯に近い色調

1. 治療前
むし歯の部分を削り、金属がつめられています。

X線を撮ると、金属の下にカリエス(むし歯)が認められました。
2. つめてある金属の除去
できるだけ、天然歯(自分の歯)をきづつけないように金属を取り除きます。

むし歯の検知液などを使い、カリエス部分を最小限取り除きます。
3. シェードテイク(色あわせ)
天然歯の色を測定し、全体と調和する色を決めます。

ハイブリッドセラミックスインレーは、色の調合が可能なので、口腔内の美しさも取り戻せます。
4. 模型上での作製 ハイブリッドインレーを模型上で作製します。

セラミックスの透明感が、
天然歯に近づけます。
5. セット後
自然な感じの色調は、天然歯に一歩近づきました。
6. メインテナンス
自分自身の歯に勝る歯はありません。
いくら天然歯に近い修復が行われたとしても、本来のあなたの歯がよみがえったわけではありません。

今よりもあなたの歯を悪くしないためには、毎日の適切なブラッシングが必要です。

Copyright(C)2007 Kurihashi Dental clinic Gotokuji medical office all rights reserved.